人前で話すのが苦手。緊張せずに話ができるようになるコツってあるの?

保育園の役員になっちゃいました・・。




 役員決めがあり、役員になった私。今はとっても憂鬱です。

人前で文章を読むのが苦手なので、人前でもリラックスできる方法を調べてみました。

私と同じように人前での発表が苦手な方は参考にしてみてください。

 

伝えたいという気持ちを持つ

 

皆さんに教えてあげたい!知ってもらいたい!!という気持ちで文章を読むことで、

余計な事を考える必要も無くなり、おちついて発表する事ができます。

どうせ発表しなくてはいけないのであれば、嫌々な気持ちで立つよりも、熱い気持ちを持つようにしましょう。

 

イメージトレーニングをする

 

結構、これも効果があると思います。

何度もイメージトレーニングする事で、本番での緊張は少し和らぐでしょう。

「自分はなんでも出来る!」という風に、超前向きな自己暗示をかけても良いでしょう。

 



何度も練習する

 

私の場合はこれが一番効果的です。

何度も家族や友人の前で実際の文章を読む練習をします。

もし、褒めてもらえたら自信がつくのできっと本番も上手くいくでしょう。

 

間違えても仕方ないと開き直る

 

そもそも、どうして緊張するのか?というと、間違えちゃうかもしれないという不安から緊張状態が来るのでしょう。

なので、間違えてもいい!という気持ちで挑むと不安を取り除く事が出来てリラックスして発表できます。

実際、間違えた所で、笑われる訳でも無し、正直皆さん間違いに気がつくほどしっかりと聞いてはいません^_^;

 

ゆっくりと深呼吸する

 

深呼吸はドキドキした不安を落ち着けてくれる効果があります。

緊張状態の時は無意識に酸素ばかり吸ってしまいがちなので、意識して呼吸を吐く様にしましょう。少し離れた場所にあるロウソクをイメージして、そのロウソクをフーッっと吹き消すイメージで。

目を閉じて集中で出来る環境であれば、そうする事もお勧めです。

 



筋弛緩法を試す

 

手軽に出来る方法として、グッと手を握って腕全体に10秒ほど力を入れます。

その後、一気に脱力します。

腕以外にも、脚など体の色んな箇所で力を入れてはほぐすという作業をする事で、

体の緊張がほぐれ、それと合わせて気持ちもリラックスする事が出来ます。

出典:筋弛緩法で体をゆるめて、心もリラックス|協会けんぽ 健康サポート

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

役員になったからには1年間しっかりと勤め上げたいと思っています。

緊張がするけれど、母になって昔より色んな事が出来る様になって、きっと出来るんじゃないかなと思える様になってきました。

 張り切り屋と言われても関係ない!自分ひとりで役員をする訳では無いので、協力してやり遂げたいと思っています。

きっと1年後にはもっと、自分に自信が持てるんじゃないかな?と思っています。

 

ぜひ参考にしてください♪



マイナス思考・気分が落ち込みに負けない!そんな時の私の考え方 6つをご紹介



ストレスを貯めない為に

ストレスを感じる女性

子供の頃は些細な事で落ち込んだり不安になったりしたものですが、大人になった今は多少打たれ強くなったと感じている今日この頃・・・。皆さんはいかがでしょうか?

しかし、大人になると仕事だったりママ友だったり子育てだったりなど、色んな面でストレスを受けやすくもなります。
そんなストレスを貯めすぎない様に、私が気を付けている気持ちの持ち方をまとめてみました。

参考になる部分がひとつでもあれば、私もうれしいです。


考えても仕方の無い事と割り切る

悩み事って考えても仕方の無い事が大半ですよね。
もし、考えて解決する事であればじっくり考える事で解決するかもしれませんが、そうで無い場合には時が解決してくれると考える様にして、もうこれ以上考えない様にしましょう。「もう、や~めた!」と声に出してみるのも良いでしょう。

楽しい事を考える

これから起こる予定の楽しい事を考えましょう。
もし、何も予定が無いとしたら連休には旅行の予定を立ててみたり、今度の給料日に欲しかった物を買うと決めてみたり。
終末に気になる映画を見に行くという予定を立てても良いですね。

そんな風に、どんな事でも良いので、先のお楽しみを考えてニヤニヤすると良いでしょう(#^.^#)



人間関係の場合には、相手も人間なんだものと考える

当然の事ですが、自分も人間ですし相手も人間です。
自分がモヤモヤするのと同じように、どんな気の合わない相手でも、モヤモヤした経験はあると思います。
そんな事を考えると、自分だけじゃないし、相手も心配や不安を抱えているのかもしれない。

そうやって人間的な部分を想像してみると、多少気持ちが楽になりませんか?

失敗したって死ぬ訳じゃ無しと考える

大人になって、こんな風に考える様になりました。
それは、子供の頃には身近な人の死を経験していなかったからでしょうか?
大人になり、そんな経験をするようになって、人って死んだら終わりなんだなという事を、目の当たりにしたというのも、こう考えるきっかけになったのかもしれません。

本当に死んだら終わりなんです。
どんなに変人で嫌われものでも、寿命がこれば死ぬのです。

失敗したって、人生は終わりません。

う~ん・・。うまく伝えられないんですけど、だったら失敗したってやり直しできる!って事。失敗したって、どうにかなるんです。今までだってそうだったでしょ?

そもそも、生きている内に死んだ方がマシなほどの失敗って無いですよね。



自分がどれだけ恵まれているのか、考えてみる

今の自分がどん底だって思う事ありませんか?
私は思春期の頃はよく思っていました。

でも、そんな事はありません。

着る服もあるし、綺麗な景色を見る事も出来る。声をかけてくれる人もいる。

当たり前すぎて、それが恵まれていると思わない人もいる事でしょう。

案外、箇条書きにしてみると自分って恵まれている部分が沢山あるなぁという事に気がつきます。

頭を空っぽにする事に意識を集中してみる

入浴中など、静かな場面で頭をからっぽにします。
頭をからっぽにするというのは、考える事を辞めるのです。

雑念?っていうんですかね?
私はそういった知識は無いので、完全自分流でやっているのですが、とにかく何も考えない。頭の中を真っ白にするんです。

何か考え事をしている時って、頭の中がごちゃごちゃしません?そうすると疲れてきちゃうんですよね。

頭の中を真っ白にして目をつぶっていると気持ちがリセットされるようです。

まとめ

仕事や人間関係などでストレスを貯めている人って沢山いると思います。
そんな時、友達に話を聞いてもらう事もストレス解消になりますが、自分の気持ちの持ち方を少し変えてみると、メンタルもちょっとだけ強くなれる気がします。

皆、同じように行く訳では無いでしょう。
ですので、だれかの参考程度に、役に立てると嬉しいです(*^_^*)

 




こちらの関連記事もどうぞ▼

イライラした感情はどうしたら落ち着く?発散方法4つご紹介!