布団を丸洗いするには?料金は?送料無料のカジタクが便利!花粉やダニも除去!

季節の変わり目。
久しぶりにクローゼットからお布団を出したら

なんか汚い・・・(+_+)なんか臭い・・・(; ・`д・´)

なんて経験はありませんか?

そんな時にはお布団をクリーニングしてくれるカジタクが便利ですよ(*´▽`*)

実際に冬用の羽毛布団をお願いしてみたので、詳しくご紹介していきます♪



カジタクってどんな会社?

カジタクは主に、ハウスクリーニングや家事代行、宅配クリーニングを行っているイオングループの会社です。

会社名の通り、家事の宅配という感じで、忙しい主婦にはうれしいサービスが盛り沢山です。

今回は実際に羽毛掛け布団のクリーニングをお願いしてみたので、気になるコースや料金をご紹介していきましょう!


布団クリーニング、どんなコースがあるの?料金は?

布団以外にもコースはありますが、今回は布団クリーニングのコースをご紹介していきます。

ラインナップと料金は・・・?

  • 「布団クリーニング2点パック」11800円
  • 「布団クリーニング2点パック 保管付」+1000円
  • 「布団クリーニング3点パック」17000円
  • 「布団クリーニング3点パック 保管付」+1000円
  • 「布団クリーニング圧縮お届け 3点パック」14000円
  • 「布団クリーニング圧縮お届け 3点パック 保管付」+1000円

わたしはこの中でも圧縮お届け3点パックをお願いしました。

ところで、保管付きのコース、気になりますよね。
なんと、1パックにつき、+1000円で最大9か月保管してくれるんです。
勿論、湿度・温度が管理されている空間で保管してくれるので、自宅のクローゼットに保管するよりも衛生的ですし、場所もとりません!

冬の掛布団って、家族が多いと場所取るんですよね・・・(>_<)

今回わたしは、羽毛掛布団3枚お願いしたかったので圧縮コースをお願いする事にしました。

圧縮コース以外の場合、ふわふわの状態で出来上がりを自宅まで届けてくれるので、その日にすぐ使う事が出来ます。
圧縮コースは、出来上がりが届いた後、1日程度干した方が良いです。

すぐにフワフワのお布団を使いたいっ!って方は通常コースをお勧めします。

どうやって利用すればいいの?

まずはネットから利用登録をします。

集荷キットが届くので、そちらを準備します。


(私は圧縮コースなので、圧縮袋が入っていました。布団に穴が開いていないか?など確認しながら圧縮袋にセットして、レッツ圧縮っ!!)
布団3枚・・・いくら圧縮した布団と言っても集荷袋に収まるのか不安でしたが、きちんと収まりました!


細かい注意点も、同梱されているのでチェックしましょう。

集荷依頼をして、その日を待ちます。
時間や日付指定ができるので、安心。
出来上がりを受け取る時間や日にちも、その時に指定できます。
わたしの場合、集荷から10日後が出来上がりお届け予定日でした。

お待ちかねの布団到着!気になる仕上がりは?

指定しておいた日に届いた布団をさっそくチェック。

その日に使いたかったので、少し室内に干す事にしました。

元々、黄ばみがあった少し古い布団なので、真っ白になってる!!って事も無かったですが、布団のニオイも気にならなくなって満足しました。
もし、仕上がりに満足しなければ、改めてクリーニングをやり直ししてくれます。

まとめ

自宅で布団を洗うのは、かなりの時間と労力が必要です。
しっかりと乾燥させないと、カビの原因にもなりますよね。
カジタクはタンブラー乾燥機、遠赤外線乾燥室、平面乾燥機、天日干しといったその布団に合った乾燥方法で乾燥させます。
高温乾燥のおかげでダニも消滅します( `ー´)ノ

点数の数え方も毛布の場合は3枚で1点、ベビー布団・肌掛け布団・ベットパットは2枚で1点のカウントとなります。

掛布団・敷布団も回収袋に入るサイズであればOK(*´▽`*)

布団を買い替えるよりも断然お得なクリーニング。
今度は敷布団をお願いしてみようかなと思っています。

ぜひ、参考にしてください!

こちらもどうぞ↓

部屋の片付けや掃除が苦手な方へ向けて、やり方のコツをまとめてみました。

狭い脱衣所で洗濯物を干したい!家族4人分を干す方法をご紹介

暖房器具を使って寒い部屋全体を早く暖めたい方必見!4つの方法をご紹介!

寒い部屋を全体的に早く暖めたい!!

寒い季節に、部屋の中全体が暖まっていると、とても気持ちが良いですよね。

しかし、中々部屋全体を暖めるという事は時間がかかってしまいます。それに、窓際は冷気が入りやすいので対策も必要です。

出来るだけ早く、効率的に部屋全体を暖めるにはどうしたらいいでしょうか?


部屋全体を暖めるには?

  • サーキュレータを回す
  • 加湿をする
  • 窓に断熱シートを貼る
  • 部屋のサイズに合った暖房器具を使う

サーキュレータを回す

サーキュレータで部屋の空気をかき混ぜる事で、部屋全体が均一に暖まりやすくなります。

なぜ、サーキュレータを活用するといいのでしょうか?

冷たい空気は下の方にたまる性質があるのに対して、暖かい空気は上の方にたまっていきます。人は床の上で暮らしていますから、冷房の風は人のいるところに行き渡りやすいのですが、暖房の風は天井の方に逃げてしまうんです。ですので、空気を循環させる恩恵は冬の方が大きい、というわけです。

引用:冬こそサーキュレーターを使うべき! メーカーが語る徹底活用法 (1) エアコンと併用で暖房効果が上がる! | マイナビニュース

暖かい空気は上にいってしまうんですね!夏場に二階やロフトの上など、やたら蒸し暑いのはそういった理由なんですね!


サーキュレータと扇風機はどう違う?


サーキュレータと扇風機では風の動きが違います。扇風機は風が広がるのに対して、サーキュレータは風がまっすぐ広がらずに当たるイメージです。

実際に、当たって比べてみると違いが良くわかります。扇風機の風はふんわりと心地よい感じがしますが、サーキュレータは勢いがある様に感じます。ですので、まっすぐ天井まで届くサーキュレータは、部屋の空気をかき混ぜるのに最適なんですね。

参考:第153回 扇風機とはここが違う! 〜サーキュレータを使って暖房費を節約〜|テクの雑学|TDK Techno Magazine

サーキュレータの正しい置き場所は?


暖かい空気は天井に上ってしまうので、天井の空気を撹拌するように、サーキュレータは上を向けて回しましょう。

場所は暖房器具の対角線上の位置がおススメです。

 

加湿をする

エアコンを使う場合には特に、乾燥を防ぐ為にも加湿は重要です。

暖かいと感じるには、部屋の温度を上げるだけでは無く、湿度も重要です。

夏場に、同じ気温でも湿度が高く蒸し暑い日と乾燥した暑い日では、暑さの感じ方が違いますよね。

湿度を保つ事で、インフルエンザなどの菌にも感染しにくくなります。

加湿の方法は加湿器を利用する他に、部屋にタオルや洗濯物を干すのも良いでしょう。

冬場は外に洗濯を干しても、中々乾かない場合が多いですが、室内であれば暖かい空気で早く乾きますし、加湿にもなって一石二鳥です。

参考:湿度って何? | ダイキン工業株式会社


窓に断熱シートを貼る

最近の新しい住宅ではペアガラスなど、窓が二重になったタイプが増えていると思います。

ペアガラスの場合、あまり窓からの冷気は感じにくいかもしれませんが、ペアガラスで無い場合には断熱シートがおススメです。

水でシートを密着させるモノだったり、絵柄が入っているものなど、ホームセンターへ行くと色々売られています。

ただし、網入りガラスには使用出来ないなど、決まりがあるので、購入の際にはしっかりと表示を見ながら選ぶ様にしましょう。

 

部屋のサイズに合った暖房器具を使う

これも重要です。以前住んでいた場所から引っ越しをして部屋が広くなったりすると、暖房器具が部屋の畳数に合っていないという事はありませんか?

小さい暖房器具で大きな部屋全体を暖めようとすると、隅々まで暖まらない上に、パワーも使うので電気代や灯油代なども、結構かかってしまいます。

毎年使用するものなので、暖房器具は部屋の大きさに合ったものを使う事をおススメします。

 

まとめ

暖房器具以外のモノを活用して部屋を暖める事で、電気代の節約にもつながります。

どれも簡単に出来る方法ばかりなので、ぜひ参考にしてみてくださいね!



家の間取りを考えている方必見!私の後悔した場所をまとめました。

注文住宅の間取り。後悔した所はどんな場所?

 



我が家は5年前に、某大手住宅メーカーにて家を建てました。自分で間取りを考えて、後悔しないはずだったのですが、5年住んだ今、(こうすれば良かったなー)なんて箇所がいくつかありまして・・・(>_<)

これから家を建てる方の参考になるように、私の後悔している部分をご紹介します(T_T)

引き戸にしたのは良いけれど・・・。

私は間取りを考える際に、絶対にとびらは引き戸にしよう。と考えていました。その理由は引き戸の方が、例えば家具や観葉植物など、部屋のインテリアを考える際に引き戸の方が置きやすそうだったからです。

しかし!引き戸って下のレールの部分にゴミや髪が貯まるんです。そして、その絡まったものを掃除しようとしても、難しいです。私の実家にも引き戸は無かったので、そういった事は全く考えていませんでした。特に、脱衣所などは髪が落ちやすいので要注意です。吊ってある引き戸はレールが無いのでゴミが貯まりにくいので、お手入れも簡単です。

コンセントの場所に後悔

コンセントの場所は家を建てる前に、すごくシミュレーションしました。インターネットでも、コンセントの場所は気を付けた方がいいというような口コミを沢山見たからです。

キッチンは特に、じっくりと考えました。オーブンや冷蔵庫、ミキサーなどキッチンは結構コンセントを使う機会が多いかと思ったので。

しかし、2階のコンセントは各部屋に1つか2つ、設置しただけで、廊下にはコンセント作らなかったんです。

廊下でコンセントを使う事も無さそうだし、掃除機などで使いたい時には部屋のコンセントを使えばいいなー。と思っていました。

でも、2階の廊下にクリスマスツリーなど、季節モノのアイテムを飾ったりする事もあり、その際にコンセントがあればアイテムのライトを光らせる事が出来たりしたのになー。と少し後悔しています。


お風呂の位置を後悔

これは、子供が大きくなれば関係なくなるかもしれませんが、キッチンからお風呂が見えると良かったなと個人的に思います。

小学生位になれば、子供をお風呂にいれつつ、夕食の準備が出来ると便利なのですが、残念ながら我が家の場合はキッチンからお風呂が見えません。

小学生といっても低学年なので子供だけでのお風呂は少し心配ですね。

まとめ

一生の内に3回位建てなおさないと本当に満足できる家は出来ない。と聞いたことがあります。確かに、家を建てる前は色々シミュレーションして、満点のモノを考えたはずなに、実際に住んでみるとやっぱり色々と後悔する箇所は出てきます。

中々、100点満点の家はシミュレーションだけでは難しいのかもしれませんね。

色んな人の情報を参考にしながら、自分の満足できる家を建てられるように目指しましょう!

ぜひ参考にしてください♪

 

&nbsp


;