DIY初心者の主婦が、余った木の板で棚と可愛い壁掛けフックを手作りしてみた結果

女性の絵

余った木材でレッツDIY!




DIY初心者である私が、簡単に出来る棚と壁掛けフックを作ってみました。
自作する事で、長さや幅、デザインなども思い通りになってお勧めですよ!
では、私の完全自己流になりますが、作り方をご紹介します。

壁面の棚作り開始!

材料の購入!

自宅を新築した際に、リビングに棚があると便利だなーと思って、壁に棚を取り付ける事にしました。

でも、さっきも言ったようにDIY初心者の私・・・(@_@;)
上手く出来るかドキドキです。
だって、折角の新築。しかもリビングですから!!

さっそく木の板を買ってきます。
近くのホームセンターで良さげな板を発見。
予め、取り付けたい壁のサイズを測って行ったのでそのサイズにカットしてもらいます。



ちなみに・・・

ホームセンターで木材をカットしてもらうと、1カット30円位しますが、サイズもほぼ正確に、綺麗にカットしてもらえるので、お勧めです。
自分でカットするとガタガタになっちゃって初心者の私じゃ上手に出来ないんですよね。

あと、レンタル工具も便利です。
2000円位で購入した小型の電動ドライバーなら持っているんですが、何カ所もビスで留める場合には、やっぱりちゃんとした工具の方がパワーもあるから作業がしやすいです。
ただ、頻繁にDIYをする訳じゃないからレンタルで十分!
うちの近くのホームセンターでは色んな工具が7泊8日で数百円でレンタル出来ます。

あとは、棚受けも準備しなくてはいけません。

おしゃれな棚受けが良いと思い、隣町にあるちょっとお洒落なものが売っているホームセンターへ行く事にしました。

数種類のサイズ・デザインがありましたがアイアンのおしゃれな棚受けをを2点購入。

もし、板のサイズが長い場合は3~4つ棚受けを取り付けた方が良いと思います。

ちなみに、ネットにもお洒落な棚受けが売っています。
もし、近くに好みのデザインの棚受けが無い場合にはネットで探すのも良いですよ。その際にはサイズをお間違えなく!


リンク:amazon アイアン棚受け一覧はこちら




さっそく取付け開始!

アイアンの棚受けと板を壁に取り付けます。
この際、2人で取り付けるとやりやすいでしょう。

そして、きちんと水平に設置しましょう。斜めになっているとカッコ悪いですよ(@_@;)
100均でも水平器が売っているので、準備しておくと安心です。

ちなみに・・・

私のこだわりポイントとして、細い筒状の長い木材を、木の板と同じ長さにカットして、板の端にボンドでくっつけました。


こうする事で、絵本などを飾った際にも前から滑り落ちてきちゃう心配が無いんです(#^.^#)

じゃじゃーんっ!これで完成!!我ながら上手に出来ました♪

壁掛けフックを作ろう!

こちらは、余った木の板と100均に売っているお洒落な取っ手を使って壁掛けフックを作ります。

取っ手は引っかけられそうなデザインなら、どんな物でもOK。
最近では100均にもリメイクやDIY用のオシャレな取っ手が売られています。

お好みの長さの木の板に、購入した取っ手をボンドで取り付けて完成です。

取っ手にはビスがセットになっていますが、木の板の厚みと合わないのでビスは使用せずにボンドでくっつける事にしました。

なので、あまり重たい物を掛ける事は出来ませんが、私はいつも着る毛布と部屋着用のベストをハンガーでかけています。

私は今回、木の板には何も細工をしませんでしたが、角をカットしてみたり、やすりで形をいびつにしてみたりなどもしても良いかもしれません。

少し前に樹脂粘土で作ったパーツを貼ってみました。

まとめ

今まで、木材を使って家のものを色々作ってきました。
とは言っても、完全自己流なので初心者に変わりないのですが・・・(+_+)
いつかは、ダイニングテーブルを自作してみたいと思っているのですが、まだまだ、そういった本格的なものを作るのには時間がかかりそうです。

壁に取り付ける際の注意として、壁が石膏ボードの場合には中が空洞でビスできちんと固定できないので、ボードアンカーをつけてから棚や壁掛けフックを取り付ける様にしましょう。

ボードアンカーはホームセンターにも売っているので、わざわざ壁を叩いたりして柱の位置を探さなくても、どこにでも置できるので便利です。


リンク:Amazon 石膏ボードアンカー


ぜひ参考にしてください♪




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA