野菜を冷凍保存して、夕食の準備を簡単、お手軽に済ませてみた!

夕食の準備を簡単に!冷凍野菜のアイディア!


仕事で疲れて帰ってくると、夕食の準備も億劫になりませんか?外食やお惣菜で済ませられたら楽なんだけど、やっぱ子供には母の手作りのものを食べさせたいですよね。

まずは、冷凍する袋を準備。2種類の袋を用意!


まず、下ごしらえを簡単にする為に、休みの日に色んな食材を冷凍する事にしました。

冷凍する時に使う袋はダイソーでコチラを購入↓枚数が多くて100円なのでおススメです。

そして、チャック付きの袋以外に、普通のポリ袋もあると便利です。ポリ袋の方が沢山入って100円なのでコスパが良いです。なので1回で使い切る分だけの食材(お肉など)を冷凍する時にはポリ袋を使い捨てるのがおススメ。



こんな野菜を冷凍してみました!煮込みなど、食感もあまり変わらずおススメ


まずは、常に冷蔵庫に常備しておきたい野菜の玉ねぎや人参。玉ねぎはスライスしてチャック袋に入れて出来るだけ平たくして冷凍庫に保存します。平たくして保存する事で、使う時に冷凍されていても比較的簡単に使いたい分量だけポキッと割って使う事が出来ます。人参もいちょう切りにして、同じように平たくして冷凍保存しましょう。

他にも、キノコ系やゴボウなどの根菜も使いやすい様にカットしてから冷凍庫で保存します。

葉物野菜を冷凍してみた結果


葉物野菜は、煮込み系の料理であれば問題なく使えます。

でも、炒めものや生のままでは食感が変わってしまっていますし、葉っぱの部分は水分が多く、粉々になっているので美味しくは無いでしょう。

ホウレンソウなどの灰汁の強い食材は、茹でてから冷凍するのがおススメです。

そして、もやしは今回冷凍しても問題なく使う事が出来ました。しかし、こちらも水分が多く粉々になりやすいので、煮込み系に限ります。

冷凍保存に向かない食材は?


今回、色んな食材を冷凍してみて、食感や味が極端に変わってしまってイマイチだった食材はお豆腐です。

ただ、使えないというほどの感じではありません。木綿豆腐の場合、冷凍させる前の柔らかい食感は無くなり、スポンジのようなパサパサとした、少し硬い食感になります。この食感を利用した料理も良さそうです。汁の染み込みは、こちらの方が良く染み込むと思います。ですので、例えばすき焼きに入れるなどの煮込み系美味しく頂けます。

他にも、じゃがいもは冷凍保存には向きません。ホクホクとした食感がなくなりパサパサになってしまいます。じゃがいもを冷凍したい場合にはマッシュしたものにしましょう。

まとめ


カットした野菜を冷凍して保存しておく事で、包丁やまな板を取り出す必要が無く、夕食作りがグンっと楽になりました。

ぜひ参考にしてください♪




「野菜を冷凍保存して、夕食の準備を簡単、お手軽に済ませてみた!」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA