花粉症のお薬 アレグラFXと同じ成分なのに安く買えちゃうのはコレだ!!

花粉症の市販薬 アレグラFXのジェネリック

みなさん、こんにちは!
花粉症の時期真っただ中です。
私の場合は、くしゃみ・鼻水・鼻づまりという症状が現れます。

辛い症状に頼りになるのが、花粉症のお薬。
しかも、近年は色んな種類が登場していますよね。

 

こちらの記事もどうぞ↓
子供の花粉症 鼻水・鼻づまりを改善するには?4つの方法ご紹介!

 

「アレグラFX」の成分は?

今回ご紹介するアレグラFX。
このお薬にお世話になっている方も多いと思います。


フェキソフェナジン塩酸塩という第2世代抗ヒスタミン成分1粒に60mg配合されています。



フェキソフェナジン塩酸塩とは・・・

アレルギーの原因となる物質(ヒスタミンなど)の作用を抑える抗ヒスタミン成分です。
第1世代の抗ヒスタミン成分が、出てしまった症状を抑制する作用を持つのに対し、第2世代の抗ヒスタミン成分は、出てしまった症状を鎮めるだけでなく、症状を引き起こす物質が体内に放出されないよう元から抑え、さらに症状の悪化も防いでくれます。フェキソフェナジン塩酸塩は、花粉やハウスダストによる、くしゃみ、鼻みず、鼻づまりなどのつらいアレルギー症状を改善します。

引用:http://www.allegra.jp/trivia.html
アレグラ豆知識|アレルギー専用鼻炎薬

「アレグラFX」2000年に医療用として登場した成分ですが、2012年から市販薬として購入できるようになりました。
とても手軽に購入できるようになって便利にはなりましたが、お値段が少し高価に感じます。

ジェネリック医薬品とは?

ところで、ジェネリック医薬品を知っていますか?

新薬は、新しい有効成分・使い方が開発されて最初に発売される薬です。
ジェネリック医薬品は、新薬の特許期間などが過ぎた後に他のメーカーから同じ有効成分で、効き目、品質、安全性が新薬と同等であることを条件に、国から承認されている薬です。

引用:https://www.towayakuhin.co.jp/generic/about/description.php
ジェネリック医薬品のこと | 東和薬品

一般的にジェネリック医薬品は新薬よりも安く購入できます。


アレグラFXのジェネリック医薬品とは?

アレグラFXが欠かせない!という方は、少しでも安く同じ成分のお薬が買えたらうれしいですよね。

こちらの「アレルビ」にも、フェキソフェナジン塩酸塩1粒60mg配合されています。

そう、アレグラFXのジェネリック医薬品になる訳ですね!

2019年3月時点Amazon価格では、アレグラが14日分で約1413円に対して、アレルビは1000円で購入できます。
さらに、アレルビは28日分もあり、こちらは1780円で購入できます。

まとめ

病院を受診して薬を処方される時に、初めての薬局だとジェネリック品をお勧めされる場合が多いです。患者側も安心できる同じ成分なのに安く買えるジェネリック医薬品はホントありがたいですよね。

ぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA