キャンドゥで見つけた!子供と一緒に3Dクッキー絞り出し器を使ってみた。

気になるアイテムを発見!




先日、近所の100円ショップ、キャンドゥへ行った所、こんな面白そうなお菓子作りアイテムを見つけました。

クッキーと言えば押し型のイメージの私ですが、色んな形が簡単に絞る事が出来そうです。
それに、子供も一緒に作る事が出来ると思い購入してみました。

子供のお手伝いポイント

今回、5歳の息子と一緒にクッキーづくりをします。
生地のレシピはパッケージの裏に書いてありました。まずは試しに、このレシピでクッキーを作ってみる事に。
ちなみに、オーブンの温度や焼き時間は記載が無かったので170度で15分焼いてみました。

息子には

1. 材料をまぜる
2. 卵を割る
3. 絞り出す

これらの作業をお願いする事にしました。でも、これってほぼ全行程ですね^_^;

クッキーづくり開始!

バターは無かったのでマーガリンを使う事にしました。
冷蔵庫から取り出したばかりのマーガリンは少し硬くて混ぜにくいです。
しかし、息子は張り切っているので私はボールが動かない様に持ってサポート。
その後、砂糖・卵・薄力粉を加えます。

最近、卵を上手に割る事が出来る様になってきた息子。
小さい子には難しいですよね。卵を強く握りすぎちゃって卵黄が割れちゃうんです。
今回も、卵黄は割れちゃったけど殻が入る事無く、割りいれる事が出来ました(^^)
そんなこんなで、あっという間に生地は完成。あとは絞り出すだけです。

ほんと、クッキーづくりって簡単ですね。親子で作るにはピッタリのお菓子レシピです。



3D絞り出し器をつかってみよー!

お待ちかねのお絞りタイムです。まずは私が見本を見せる事にしました。
パッケージにリボンのクッキーがあったのでそれを真似してみる事に。
でも!上手に出来ません・・・。絞り出しやすいのですが、上手に形を作るにはコツが要りそうです。

息子も挑戦。
しかしやっぱり上手に出来ません。
でも、そんないびつな形も手作りって事で、あんまり嫌いじゃありません(^^)

クッキー生地の硬さはゴムベラですくって、振り落すとボタッとやっと落ちる程度の硬さです。とても絞りやすい硬さで、さすがパッケージのレシピと感心しました。

絞り出せる形は4種類あり、一つはチュロスを作る時にも使えそうな星形。
後は、片面だけナミナミ模様の平たい形。
モンブランの時に使えそうな紐のように出てくる形。
ハートの形。
この4種類です。

ハートや星形は、まっすぐに絞り出しておいて、冷蔵庫で少し休ませた後、糸を使って切ると金太郎飴の要領で小さ目のハートや星形のクッキーが沢山出来上がります。



焼いて完成!

さっそくオーブンで焼いて、あっという間に完成です。
今回、色んな形を作ったので大きさや厚さもバラバラだった為、一部が焦げてしまいました。


大成功とは言えません・・・(-_-;)

でも、この絞り出し器を使ってみたかったから良いんです!
思っていたよりも使いやすくて良かったです。

まとめ

100円だからどうだろう?と思っていましたが、子供でも使いやすくて、お勧めできるアイテムだと思います。
クッキーの生地によっては堅いと絞り出しにくいと思うので、パッケージレシピ以外で作る場合には注意が必要です。

あまりキッチンも汚れる事も無く、はかりにボールを乗せて、材料を入れるたびに重さを0gに戻しながら作っていったので洗い物も少なく済みました。

簡単ですので、親子で作ってみてはいかがでしょうか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA